1/30長野県で開催されたライフプランセミナーに参加

  • 投稿日:2019年01月31日
  • レポート

基調講演は、東レの渥美由喜さん。
『従業員の元気がもたらす にぎわいと創造』
イクメンの名付親であり、
もちろんご自身もイクメン。
(介護もされていらっしゃいます!)

人口減少時代に、
従業員の確保はどうしたらよいか、

5年後、10年後には
団塊世代の方たちが、70才、80才に..
仕事と介護の両立の時代がすぐそこにきていること
などなど、貴重なお話がきけました。

後半のパネルディスカッションでは、
よなよなエールでおなじみの
『ヤッホー・ブルーイング』の長岡さんことチョーさん、

長野県庁 次世代サポート課の稲玉さんとともに

子連れスタイルの中田が登壇させて頂きました。

ヤッホー・ブルーイングさんの
楽しい朝礼のお話、柔軟な働き方、

長野県では、企業の皆さんも参加して
結婚、子育て、よりよい働き方のサポートをしていることが話題に上がりました。

子連れ出勤についても、
「子連れによい年齢は?」
「中小企業でも可能?」
「男性でも子連れ出勤できる?」など
反応をいただき、話が盛り上がりました。

人生には、様々なライフステージがあります。
そのときに、働き方を変化させたり
柔軟に対応することで
『よりよく働く』ことができると感じました。