3/24茨城新聞につくば市の「子連れ出勤を促す手引書」策定に向けた動きが掲載されました。

  • 投稿日:2019年03月25日
  • メディア
EPSON MFP image

茨城新聞に、つくば市が子連れ出勤の普及へ向けて

事業者等が取り組むためのマニュアルを策定するための

取り組みの一貫として、市内に本社がある関彰商事さまで行われた

「子連れ出勤」が掲載されました。

実際普及を目指す子連れ出勤は4種類ですが、

今回は「相互保育」と「一時預かり」の2種類がテスト導入され、

対象となるママ社員には事前研修を行い、

企業側の受け入れ態勢も整えた上での実現となりました。

つくば市ではこれをもとに、3月中に

ルールや事例をまとめたマニュアルを整え、

4月以降企業や市民に配布し、啓発を促す予定です。

子連れ出勤は、さまざまなスタイルや方法があります。

環境や状況によって、選択肢はさまざまです。

子連れスタイル推進協会では、働くママたちが

安心して仕事も育児も楽しめるように、

女性たちがよりキラキラ輝けるように

これからも積極的に社会に働きかけていけたらと思っております。