子連れ出勤

「子育て」と「仕事」を両立し、ママも、子どもも、家族も、会社もみんな笑顔になる選択肢の1つとして、
子連れスタイル推進協会では、「子連れ出勤」取り入れたい企業、自治体のお手伝いをしています。

なぜ『子連れ出勤』?

『子連れ出勤』とは?

『子連れ出勤』は、「子育て」と「仕事」を両立する方法の一つです。
2019年には、政府が推奨すると表明し、話題にもなりました。

子どもが生まれた後、どう仕事を続けてくか、悩むお父さん、お母さんは多いのではないでしょうか。
また、人材不足で、産後の女性社員の退職を減らしたいが方法がわからない、と悩む企業も多いと思います。

子連れスタイル推進協会では、
そんなお父さん、お母さんの「子育てを楽しみたい」「仕事もしたい」の想いと
企業の「出産や育休後、辞めないでほしい」「働き続けてほしい」という想い、
どちらも叶えるひとつの方法として、『子連れ出勤』の導入のサポートをしています。

『子連れ出勤』は、仕事をしながら子育てができる古くて新しいスタイル

『子連れ出勤』は、実は戦前までの日本では、普通に行われてきたことでした。
畑仕事に赤ちゃんや子どもを連れていったり、お店でおんぶしたりしながら働いたり…。

戦後、「働く」と「子育て」は分けて行われるようになりましたが、
私たちは、「働く」と「子育て」を分けない新しい働き方として『子連れ出勤』を提案しています。

子連れスタイル推進協会の母体である、授乳服メーカーのモーハウスでは、
20年以上前から、お母さんが職場に子どもを連れてる『子連れ出勤』を実施してきました。
子連れ出勤を経験したお母さんスタッフは、累計300名以上になります。

起業当初、手伝ってくれたお母さんに「じゃあ、子ども連れてきて働いたらいいんじゃない?」、と自然と始まった子連れ出勤。
やってみると、子どもはお母さんの側にいるため必要以上に泣いたり騒いだりすることもなく、
企業にとっても、長く働き続けてくれるため助かり、職場の雰囲気も和やかになるなど、いい影響がたくさんあることに気づきました。

『子連れ出勤』は、仕事内容や環境によって向く会社、向かない会社もあります。
私たちはすべての会社に導入してほしいと思っているわけではありませんが、
『子連れ出勤』が、悩むお父さんお母さん、企業にとって、悩みを解決するための「働き方改革」の1つとしてお役に立てる時があると私たちは感じています。

定期的に「子連れ出勤見学会」も実施していますので、興味のある方は、お気軽にお問合せください。

子連れ出勤のメリット

会社のメリット

  • 産休・育休後の離職率を下げ、長く働いてもらうことができる
  • 働き方が多様化し、求人の幅を広げることができ、人材確保につながる
  • 経験者が復帰することで、他の従業員の負担を減らすことにつながる
  • 「働き方改革」の1つとして、メディアに取り上げてもらいやすくなり、会社のイメージアップにつながる
  • 子どもが職場にいることで、雰囲気が和やかになり、自然と助け合う風土が生まれる

ママ・家族のメリット

  • 保育園の受け入れ先が見つからないなど、子どもの預け先がない時も働くことが出来る
  • 産後、すぐに職場復帰がしやすい
  • 子どもが近くにいるため、安心しながら仕事をすることが出来る
  • 孤独な子育てにならずに、社会へのつながりを持ち続けることが出来る

子どものメリット

  • 親が近くにいるので、安心して過ごすことが出来る
  • 親が働いている姿を見ることができるので、親の仕事についての理解が深まる
  • 大人たちと一緒に過ごすので、人見知りが減ったり、社会性が生まれたりする

さまざまな子連れ出勤

子どもの側で一緒に働く(帯同型)

こどもを抱っこやおんぶしたり、親の側で寝かせたりしながら仕事をするスタイルです。

社内で子どもを預けて(一時託児室型)

空いているスペースやその時使っていない会議室などを利用して、一時的に託児が可能な部屋にして、保育士に預けるスタイルです。

親同士でサポートし合いながら(相互保育型)

何人かの親同士で、空いているスペースや使っていない部屋などで、数時間起きに後退しながら、子どもの面倒を見合うスタイルです。

社外で(テレワーク型)

家など社外で、子どもをそばに置いて見ながら、オンラインなどで仕事をするスタイルです。

子連れ出勤導入ステップ

①環境づくり

職場に子連れ出勤ができる環境を整えます。
子どもにとって危険な場所はないかチェックし、
子連れで仕事をすることが出来るスペースを確保します。
工事現場や工場など、子どもにとって危険となる場所は避け、
子どもの年齢や様子に応じて、ベビーマットやベビーベッドなど安全に過ごせる環境を整えます。

②希望者と面談をする

子連れ出勤希望者と面談をし、子どもの年齢や健康状態を確認したり、
職場での子連れ出勤のルールなどをお互いに確認したりするなどし、
子連れ出勤実施可能かどうか確かめます。

③テスト導入

環境が整ったら、子連れ出勤をテスト導入してみましょう。
実際に実施してみて出てきた課題には柔軟に対応します。
また、人事担当者と、子連れ出勤をしている社員は、定期的に面談し、よりよい環境づくりを目指してきます。

④ルールを共有する

子連れ出勤は、子連れ出勤する職員と子どもだけでなく、会社の職員が協力し合って、初めて実現する働き方です。
子どもと母親だけでなく、職場の人全員が、気持ちよく働いていくことができるように、会社で一緒に働く全員でルールを共有していくことが必要です。
必要に応じて、就業規則の変更なども行います。

自治体との取組み

茨城県つくば市

つくば市では、さまざまな保育環境の一つとして、
中小の事業所でも取り組みやすい働き方改革である「子連れ出勤」を導入しやすくするために、
市内の企業での子連れ出勤テスト導入を行う、
子連れ出勤の検討ができるよう、マニュアルやリーフレットの作成を行うなどしました。

▼子連れ出勤導入基本マニュアル・リーフフレットはこちら(つくば市の子連れ出勤についてのHPへ)
https://www.city.tsukuba.lg.jp/jigyosha/oshirase/1007536.html

茨城県笠間市

笠間市では、子育て中の母親が働きやすい職場環境の広がりを目指して、
情報交換会や、講演会の開催、
市内で子連れ出勤を導入している企業の調査や紹介などを行っています。

茨城県

茨城県内の企業に、職員が子育てしながら働き続けることのできる職場環境を整備するための提案を行うため、
新しい働き方を取り入れている県内外の企業について調査や、保護者向けのアンケート、
子育てと仕事に関するシンポジウムを開催するなどの事業を行いました。

子連れ出勤インタビュー・新聞記事など

●内閣府特命担当宮腰大臣にモーハウスの子連れ出勤の様子をご視察いただきました。(2019/1/15)

 

▼詳しくはこちら(クリック!)

2019/1/15 少子化担当大臣に子連れ出勤をご視察いただきました

 

●茨城県境(さかい)町 さかい子育て支援センター「S-WORK + kids」では、
 パパ・ママのための子連れで利用できるワーキングスペースが開設されました(2020/9)
※子連れスタイル推進協会は、このスペースの指定管理をしてます。

▼詳しくはこちら(クリック!)

2020年9月30日(水)茨城・境町で子どもと一緒に仕事ができるコワーキングスペースOPEN!


▼子連れ出勤についてのインタビュー

お母さんと子どもが“自由になる”授乳服で「子なれた社会」をつくる。有限会社モーハウスの挑戦
(ツクルゼ、ミライ!行動系ウェブマガジン[DRIVE])
https://drive.media/posts/6987

●授乳服から始まる働き方改革 ――「子連れ出勤」が、母も子も職場も、みんなハッピーにした
(イノベーションを触発するデジタルメディア mugendai)
https://www.mugendai-web.jp/archives/7768

「子連れ仕事はもう嫌」と言う母は自粛期間「夫ともめごと」が増えていた
子連れワークアンケートからわかったこと
(講談社)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/73600

「服」とは「着る建築」である。授乳服から世の中の母親を救う女性社長の思いとは。
(Benefit Realize 充実企業を目指して)
http://benefit-realize.com/interview/546/

おままごとには母乳育児の選択肢がない!? お母さんが楽に育児している姿を子ども社会にも
(LAXICラシク)
https://laxic.me/interview/2016/09/vol58

女性のライフスタイルはもっと輝く、社会と子育てをつなぐ授乳服
(デザイン経営を熱くするWEBマガジンHELLO INOVATION)
https://hello-innovation.amebaownd.com/posts/5536549/

仕事も子育ても頑張る女性を応援したい ~いばらキーマン・光畑由佳さん~
(NHK)
https://www.nhk.or.jp/shutoken/miraima/articles/00180.html

子連れ出勤、じわり注目 ~古くて新しい働き方~
(時事通信社)
https://www.jiji.com/jc/v4?id=201603takingchildattendance0001

子連れ出勤で女性の社会進出を促す
(創意社)
http://www.souisha.com/pdf/mo-house.pdf

▼その他子連れ出勤についてのこれまでの活動や、新聞掲載などはこちら
http://kozurestyle.com/category/kozuresyukkin/

子連れ出勤に関するお問い合わせやご相談

子連れ出勤に関するお問合せやご相談はこちらのフォームからお寄せください。
※通常2営業日内(土日祝など除く)に返信しております。
返信のない場合は恐れ入りますが、rakufam@gmail.comに直接お送りいただけますようお願いいたします。
キャリアメールなどをお使いの方は、メールが届かない場合がありますので、rakufam@gmail.comを受信できるように設定をお願いいたします。